日本語ページ

GreenShippingJapanese

プレスリリース

シルバーストリーム・テクノロジーズ社、シェル社の2社は、LNGタンカー、メタン・パトリシア・カミラ(Methane Patricia Camila号船上で、シルバーストリーム®システムの実験に成功

空気潤滑技術の改良により、最初のテスト段階で純燃料削減率6.6%の検証性能を達成

2021年4月16日、ロンドン:クリーン技術のシルバーストリーム・テクノロジーズ社は本日、その先駆的な空気潤滑システム、シルバーストリーム®システムが、シェル社チャーターの17万cbm LNGタンカー、メタン・パトリシア・カミラ 号の船上実験において、大幅な燃料および排気ガス削減を成し遂げたと発表しました。

改良技術の運用テストに続き、シルバーストリーム社、シェル社のエンジニアは、シルバーストリーム®システムによって6.6%の純削減が生み出されることを証明しました。燃料および排気ガス削減を計算するため、メタン・パトリシア・カミラ号の通常運行中に様々な船速でこの技術をテストしました。

シルバーストリーム® システムは、その独自設計を通じて燃料および排気ガスの効率化を図ります。この革新的な技術は、船のフラットな船底全体に微小気泡の薄膜を形成、水と船体との間に発生する摩擦抵抗を減らします。

シンガポールにあるセムコープ・マリーン社のアドミラルティ造船所での2020年10月、乾ドック中、このシステムが2010年製造のLNGCに追加導入されました。

このプロジェクトは、乾ドック計画期間中に導入、予算通りに実行されました。設計から導入まで、空気潤滑技術のガイダンスノートに従ってABSがシステム審査および承認を行いました。

シルバーストリーム・テクノロジーズ社の創設者でCEOのノア・ジルバーシュミット氏は、この発表について以下のように語りました:「シルバーストリーム® システムをメタン・パトリシア・カミラ号に追加導入することにより、燃料消費および排気ガスに大きな好影響が出たことを発表できて非常に嬉しく思います。最初のテストで検証された燃料削減率は6.6%です。私は、当社の同僚および私たちの技術を信頼してくれたシェル社のパートナーに感謝します。また、実績あるクリーン技術を海運業界に先駆けて開発するという彼らのビジョンとコミットメントに感謝します。

「船舶は、脱炭素という課題克服のため、現在、解決策を必要としています。今後も燃料費の上昇が見込まれる中、オーナーは、船舶の柔軟性や収益性を犠牲にせずコストおよび排気ガスの削減ができると証明済みの燃料に依存しない技術に投資しなければなりません。この課題の克服に、私たちの技術が一役買うことができ誇りに思います。」

Silverstream Technologies

1 Saint Vincent Street,
London,
W1U 4DA,
UK


Phone: +44 (0) 20 7881 7910

Copyright © 2021 Silverstream Technologies. All Rights Reserved.